リング鍛造品

リング鍛造とは

リング鍛造とは、その名の通り鍛造によって鉄をリングの形にする加工方法です。
旋盤加工の前工程で利用されます。

リング鍛造の強み

材料費が安くなる:全て旋盤加工するのに比べて大幅に材料費が安くなります。

加工単価が安くなる:旋盤加工の荒削りが少なく、大幅なコストダウンが出来ます。

材料が強くなる:鍛造のため、材料は鍛えられて強くなります。

製品事例

Φ100mm~Φ1000mm、幅225mmまでの円筒形製品を得意とし、月産3500トン以上の製造を行っています。また、内外形の変形している製品にも対応致します。

短形(ストレート)製品短形(ストレート)製品

異形品異形品

異形品異形品

 

TOPへ